トップページ運営業者掲載希望
@自転車 @自転車は日本全国の自転車屋検索サイトです。
メーカー、種類、アクセサリー、パーツから
自転車屋さんを検索できます!
@自転車の掲載は無料です
HOME > 自転車コラム > とある自転車掲示板の保管庫 > 長距離をアップ気味で走ったらやっぱり給水は要る

キャメルバッグ給水が快適すぎてたまらない

今日キャメルバッグ使ってみた
給水が快適すぎてたまらない
水重いけど、こまめに給水出来るので結果疲れが少なかった
夏場のロングには凄まじい威力を発揮しそうだ

なんで冬に
こういうのって水垢たまりやすくない? 洗浄しにくくない?
もう春ですぜ
長距離をアップ気味で走ったらやっぱり給水は要る
ホース内洗浄はキッチンハイターがいいらしい
まだカビ生えてないけどね
帰ったら即洗って干しておかないと色々溜まるかもしれない
ホース洗浄用のブラシも出てるな
背中が蒸れない?
確かに楽だとは思うけど
臭いが気になってあんまり使う気にならないんだが、とれるものなのか?
アマチュアでこんなのまったく必要ないw
プロのロードの選手でさえこんなのは使ってない
使いたければ勝手に使えばいいんじゃないか
高いよね、これw
ドイターの使ってるけど
最初から臭いはなかったな
>臭いが気になってあんまり使う気にならないんだが
ビニールの匂いよりもキツイ香りの飲み物を入れるとです
コーヒーとかコウラとか
ボトルを使うやつより飲みやすかったりする?
ションベン袋の方がいい
臭い気になったことはないなあ
ドイターのバックパックに入れて使ってるから蒸れの程度はアレ準拠
とにかく飲み易いのがいい。垂れたチューブ口にもってくだけ
あとは飲んで口離すだけでいい
ボトル取ったりはめたりしなくていいのがこんなに快適とは思わなかった

アマチュアだろうがなんだろうが、快適ならそれでイイノダ
走りながら飲もうとする奴専用だな
ボトルで飲む馬鹿より幾分マシだが
前方不注意で周りに迷惑だから停車してから飲めと
ボトルぐらいは前見ながらでも出し入れできるだろ
飲んでるときに視界不十分になると言いたいんじゃね?
ま、ふつーは「ちょっと目を放した隙に前方に人が!」なんて状況で飲まねーってのw
このタイプ前から気にしてた。
袋じゃなくて、ペットボトル みたいな(ポリプロイレン?)でできてるの見たことある。
それって、わりかし高額だった気もする。
夏場は、腐るかもしれんので、コヒーとか入れるとヤバいカモ よ。
>ま、ふつーは「ちょっと目を放した隙に前方に人が!」なんて状況で飲まねーってのw
飲酒運転とかピスト乗りと同じ思考やね
自転車よりもむしろ夏山登山に最適だった
自転車の時はボトルケージにペットボトル付けて
チューブを取り出すために一瞬手を離すのは
殺人に等しい行為だな
発見したら即刻死刑にすべき
登山用のしっかりしたのと専用ザックは4万ぐらいするので購入をあきらめた昨年の夏
>ボトルを使うやつより飲みやすかったりする?
ボトル斜め挿しのやつはズリズリずれてくるからオススメしない
>飲んでるときに視界不十分になると言いたいんじゃね?
逆手で持って、こう、横からくわえるようにだな
銭湯で飲むフルーツ牛乳じゃないんだから
ボトルを取るのは全然手間じゃないと思っていたけど
実は案外手間で、チビチビ飲むこまめな補給をしないのはそのせいだなって思った
乗りながら飲む奴って
たぶんレーサー気取り
コース耐久の時に使ってるよ
ポD一択
しかも11
ちょび飲みするのに止まるのも面倒くさい
安全に走りながらちょび飲みが出来るのは大きい
洗浄と消毒をきっちりしないと夏場は雑菌が繁殖して下痢するぞ
なあに、かえって免疫力がつく
>ま、ふつーは「ちょっと目を放した隙に前方に人が!」なんて状況で飲まねーってのw
>飲酒運転とかピスト乗りと同じ思考やね
法に触れる話と一緒にするバカ
点滴でリンゲルでも打ちながら走れば飲む必要もないな
>点滴でリンゲルでも打ちながら走れば飲む必要もないな
サイバー過ぎないか?
薄い塩水を入れておくといい
確かに街中で走りながらボトルで飲む人ってなんか間違ってると思う
自転車乗りじゃないけど失礼します。
自分はサバゲーマーなんだけど、軍用のキャメルバックは結構リーズナブルだと思うよ。
めいっぱい氷入れると大体一日冷えていい状態だったし、新品なら臭いもきにならなかった。
中袋を乾かす専用のハンガーもあるのでカビさせることもないよ。
ペットボトルに直接チューブ付けるやつ使ってる
入れ替える手間省けるし、自販機で買えば冷えている
俺もそれ使ってる。
でも、500mlの奴はチューブ長すぎて中でねじれてしまう。
かといって切ると大きいのを使う時に足りなくなるのが難。
満タン入れると重い罠

上に戻る

自転車の種類検索
自転車コラム
  1. 自転車盗難にあった時
  2. 引ったくりさせないためには
  3. 初めては足をあげる練習
  4. 冬の通勤でダイエット
  5. 足が長く見える小型自転車
  6. とある自転車掲示板の保管庫
自転車メーカーから探す

工事中